育児

キッズデザイン賞受賞  おすすめ抱っこ紐6選

ハグ

赤ちゃんを楽に抱っこすることができる「抱っこ紐」は、子育てにかかせない必需品ともいえるアイテムのひとつです。

この記事では人間工学に基づいてつくられた抱っこ紐や、日本人の体型にあわせてつくられたものなど、キッズデザイン賞を受賞した抱っこ紐を6つ紹介します。

 

キッズデザイン賞とは

「子どもたちが安全に、そして安心して暮らす」「子どもたちが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という目的を満たす、
製品・サービス・空間・活動・研究の中から、子どもや子育てに関わる社会課題解決に取り組む優れた作品を顕彰するものです。

出典:キッズデザイン賞

 

おすすめ抱っこ紐6選

papakoso

papakoso抱っこ紐

https://papakoso.shop-pro.jp/?pid=128840692

パパダッコはパパにこそ使ってほしい抱っこ紐です。

折りたたむとポケットに入るくらいまでちいさくなったり、留め具やサイズ調整の必要がないフラットなつくりは男性が使いやすいポイントです。

男性向けということもあり抱っこ紐にはめずらしくサイズ展開がM,L,XLとあります。

ココがポイント

Tシャツを着るように、かぶるだけで着用できます。

 

BELK

beil抱っこ紐

https://www.babyandme-ec.jp/products/detail.php?product_id=115

人間工学をもとにつくられた抱っこ紐で、生地は防水使用。

別売りのBELKfirstをつけると、新生児からつかうこともできます。

赤ちゃん側にあたる裏地はメッシュになっていて、汗っかきの赤ちゃんにぴったりです。

ココがポイント

パーツの付け替えで、長く愛用できる

 

pognae

pognae抱っこ紐

https://www.pognae.jp/SHOP/PG-NO5PLUS.html

抱っこ紐・ヒップシート単体・ヒップシートキャリアがひとつになったオールインワンキャリアです。

赤ちゃんが歩くようになるとヒップシートの購入を検討する方も多いとおもうので、ヒップシートがもとからついているのはパパ・ママにとってとてもうれしい設計。

また、赤ちゃんの成長にあわせて足幅調整が可能です。

ココがおすすめ

腰ベルトはマジックテープではなく、業界初のサイレントファスナーをしようすることで赤ちゃんを起こしてしまう心配がなくなりました。

 

LUCKY BABY STORE

lucky store抱っこ紐

https://item.rakuten.co.jp/luckybabygoods/l444030/

「小柄&細いパパ・ママ・赤ちゃんにこそ抱っこ紐は必要」というコンセプトのもと、小さめな設計になっています。

生地をオールメッシュにすることで通気性が従来品より20倍もたかくなりました!

メッシュなので洗濯してもすぐ乾くのもうれしいポイント。

汗っかきな赤ちゃんにうれしい抱っこ紐です。

ココがおすすめ

赤ちゃんが喜ぶ、前抱っこがしやすい

 

small letters

smallletters抱っこ紐

https://item.rakuten.co.jp/leaman/10000049/

別売インサートなしで、新生児から使えるように設計されているのがうれしい抱っこ紐。

新生児のころに必要なかさ上げとクッションネックは首がすわると、セーフハーネスとしてつかえるような使用になっています。

重さは600グラムと500mlのペットボトル1本とすこしの重さで、とても軽量です。

すっきりとしたデザインが素敵。

ココがおすすめ

日本人向けのサイズで日本で開発、生産

 

ELGObaby

eigobaby抱っこ紐

https://item.rakuten.co.jp/bluewave-blist/845197010223/

キッズデザイン賞以外にもたまひよ赤ちゃんグッズ大賞などたくさんの賞を受賞しているエルゴ。

抱っこ紐使用率No. 1といってもいい程、スーパーなど買い物にいくと必ず使っているママを見かけます。

体重を分散させママ・パパのからだへの負担軽減もしてくれます。

ココがおすすめ

カラーが豊富

 

 

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃんはママがだいすきですし、時には抱っこ紐をつかいながら家事をすることもあるとおもいます。

すこしでもからだへの負担を減らし、赤ちゃんとの時間を楽しく過ごしてほしいです。

 

-育児

Copyright© Tomoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.